09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
about me

nacco

  • Author:nacco
  • Profile
    つななつ

twitter

new entries

categories

my favorite links

monthly archives

comments

trackbacks

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娘3歳8ヶ月、息子2歳3ヶ月

2015.09.25 21:05|日々
MY1



娘は幼稚園に元気に通っています。
ときどき、亀のようにノロノロとし、下駄箱の前では硬直してしまったりもしますが・・・(苦笑)
それでも、頑張って通っています。

下駄箱の前で、娘は顔をこわばらせながら何かとてもいろいろ考えている顔をしています。
私にはもう感知できないような、お友達社会の悩みも出てきたようです。
わかっていたことですが、やはり早生まれ&1人目なので同級生のお友達と比べて少しコミュニケーションが遅れがち。
それでももう、なかなか手は出せない。見守るしかないんだな、と思います。

降園後、弟である息子と遊ぶのはめっぽう楽しいようで・・・。
喧嘩もありますが小競り合い程度、あとは仲良く遊んだり抱き合ったりしていて、とても微笑ましいものです。

息子の方も、お姉ちゃんのことをとても精神的に頼りにしているようで、
たまに(いつもほったらかしの)母でなく、お姉ちゃんにヨシヨシしてほしい、とせがむこともあるくらいです。
一時保育所でも、お姉ちゃんのお話ばかりしているようです。
息子がとても穏やかで、それでいてしっかり自立心も目覚めつつあるのは、ひとえに娘のお陰なのだなと感じています。

3歳と2歳。本当に、見ていて幸せな気分になることが増えてきました。
将来的には、それぞれ別の社会・別の世界を作っていくことも、年が近いからこそ必要なんだろうなと思います。
が、いまのところは絆を育んでほしいなと思います。

たとえ、学校で嫌なことがあっても、家に帰れば仲良しの兄弟がいる・・・というのは、
自分の経験上から言ってもすごく救いになることだと思うので。

それにしても、時がたつのは早いものです。

赤ちゃん不在の家

2015.02.20 00:16|日々
そろそろ(というかもうとっくに?)、我が家から「赤ちゃん」がいなくなってしまいました。
娘は甘えん坊なので、よく「あかちゃんになっちゃった!」と言っては甘えてきて、たまに本当に赤ちゃんのときのような表情をしてくれるのですが、
息子の方はもっとドライな感じで、幼児まっしぐらな感じです。
そして抱っこしてもずんと重く、触ってもなんだかがっしりしていて、
あれ?あれ?と。
家に赤ちゃんがいない。という事実を認めざるをえない状況になってきました。
えらく寂しいです。
あんなに大変だ!大変だ!と毎日騒いでいたのだから、大きくなったらさぞ楽でいいだろうと想像していたのですが、勝手なものです。
まあ、だから何というわけでもないのですが。
だんだん新学期が近づいてきていて、また環境が大きく変わりそうで、ちょっとアンニュイです。

早いのであーる

2014.10.24 16:05|日々
本当に月日の経つのは早いのであーる

娘は2歳9ヶ月、息子は1歳4ヶ月。

毎日2人でキャッキャ、キャッキャとはしゃいで遊んでいる。

年が近いせいなのか笑いどころが同じらしく、一度ウケたことを延々と繰り返しては笑っている
大変だけど平和であーる

もうすぐ娘は幼稚園の面接。

これまで候補の幼稚園はひととおり説明会等通ってみて、最もご近所の2園に落ち着いた
もし落ちれば、あと1年自宅保育を覚悟しつつ・・・受かることを願うのみ

娘を見ていて思うのは、夫も同じことを感じたようだけれど、
子供にはあるとき急にグイッ!と成長する時があるみたいだ

頑固で融通効かず、やりたいことまっしぐらなお子様だけど、

「今はそれをやるのはダメ あとでね」
「イヤイヤイヤ!!!ウワーン!!!」

前までこんなのばっかだったのが最近は

「それはあとでにしようね」
「あとでか、そっかー」

なんて言えるようになってきて驚愕。
まあ今でも寝っ転がってジタバタすることは皆無ではないけれど

それでも今なお手ごわいのが「ヤマハのシール」

ヤマハのリトミック教室に通って1年。
毎回、先生がシールをくれて、それを持参したシール台紙に貼るのだけど、
このシール台紙を始まりのご挨拶前にささっとカバンに戻す。
これがどうしてもできないのである

先生は毎度ソフトに注意してくれる
が、後期始まりの先日はいつもよりキツめのお叱りがあった

「ますみちゃん。ここに来てもう1年だよ しまおうね」

先生のキツめの表情に娘、しゅんとして仕舞えばいいのに、ますます意固地になり
シール台紙を握る手にますます力が入る・・・(汗)
なぜ、そこで意固地になる??!!

しかしそういう意固地な性格、何となく自分にも覚えのある私、苦笑いしかできず・・・

うーーーん 遺伝だろうか

もしそうなら悪いことしたなぁ

それにしても躾は難しい

娘は怒ってもよそ見したり高確率で誤魔化します(^_^;
息子はすぐ泣きますが(^_^;

誤魔化す子とすぐ堪える子と、同じ程度の叱り方でいいのかという問題もあるしね

自分の中では、怒りの感情と叱ることを分ける訓練は前よりできてきたかな・・・と思います
そこは進歩かなぁ


気がつけば息子1歳目前

2014.05.29 21:04|日々
前回記事、娘が1歳10ヶ月の成長記録を仕上げること無く、もう2歳4ヶ月になっており、
気がつけばなんと来月は息子が1歳です。
そんな息子、先日(5/26)、チョコチョコっと歩きました!!!
早い、早すぎる・・・。
大人の時間と子供の時間ではスピードが違いすぎます。
時間を無駄にしてはいけないなと気づかされますね・・・。

子供2人になってからの1年を振り返ると、たまに遠い目をしてしまいますが、
2人とも大きな病気怪我なく健康にすくすく育ってくれて何よりです。
息子の方はアレルギーで病院駆け込みもありましたが・・・。

どうしようもなく疲れたり悩んだりしんどい時もありますが、それは仕事なり何をしていても一緒ですしね。

最近は、「ママ友こわい」と言っていた自分にもお友達が増えつつあり、
児童館や幼稚園に行ったときに会えるのが楽しみにもなってきました。
何より、そういう場所に行っても自分が緊張せずリラックスできるようになったことが良いです。
それまではどことなく身構えたり緊張していて、帰ったらどよーーんとなってしまうこともたびたびだったので。
これまで通っていた積み重ねも無駄ではなかったなと思えるのが嬉しいですね。

そんなこんなですが、下半期は子供のことばかりでなく自分のこともしっかりやっていきたいなと思う次第です。
上半期からちょこちょこ仕込んでいけたらいいなと思ってます。

娘の成長、私の成長① 〜娘の成長〜

2013.12.08 01:15|日々
万純、ただ今1歳10ヶ月。
私も相方さんも、ここ10日ぐらいで彼女がものすごい成長をとげていることに気づいて、驚き、感動しています。

思えば、彼女にとっての大きな変化は、1歳5ヶ月のときに起きた弟の出現という出来事。

それからは(妊娠中もではありましたが)我慢を強いられ、抱っこもままならず、寂しい思いを抱えてきました。
母親の気分の浮き沈みが激しいため顔色をうかがうことを覚えました。

その中で日々刻々と訪れる自我の目覚め。
自分でやりたいけど、できなくてもどかしい。言葉は分かるけど、思うように喋れない、発音できない。

イヤイヤ!とその葛藤を母親にぶつけてみるけれど、母親は弟の世話に追われるばかりか、時に必要以上に怒られてしまう・・・。

こうして彼女の立場になって考えてみると、毎日、どれほどの変化に見舞われ、どれほどの葛藤を抱えているのか・・・と思います。

里帰り出産から戻って来た8月、久しぶりの児童館を万純は大泣きで拒絶しました。
児童館の先生は万純を覚えていてくださいましたが、人見知り全開で外の社会に触れるのをいやがりました。

しばらくは外遊び中心、ごくたまに、まずは人の少ない時間帯から児童館に行くようにし、それから週1回のお歌遊びの時間のみ意識して行き・・・
最初は外から眺めているだけだったのが、少しずつ輪の中に加われるようになっていきました。

もともとは歌も踊りも手遊びも大好きで、活発なタイプだなという印象の娘でした。
1歳前後は、元気すぎて落ち着きが皆無でした。
お歌遊びの時間も他のお友達のようにおとなしくお母さんの傍に座っていることができず、
部屋から出て行ってしまうのを必死に追いかけながら、幼稚園に通う頃もこのままでは苦労するな。なんて思っていました。

それから半年すぎて、今度は人見知り。
きっと、もろもろの変化を受けて彼女の前に大きな壁が立ちはだかったのだと思います。

でも、それも時間をかけて、少しずつ解けてゆき、
11月からヤマハに通い始めたところ、楽しそうにリズムに合わせて踊れるし、「座ろうね」といえば素直に膝の上に来て先生の話が聞けます。
あ、なんか変わったな・・・と思い始めました。

先週末、私の心身がかなり低調になったため、母にヘルプで来てもらいました。
万純は好きな時に母に抱っこしてもらい、普段足りなかった抱っこを補充。


母が帰った日曜の夜、ある出来事がありました。

(長いので次回にします)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。